第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問161

第102回薬剤師国家試験 問161

骨粗しょう症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 デノスマブは、抗TNF−α(腫瘍壊死因子−α)抗体で、前駆細胞から破骨細胞への分化を抑制する。
 テリパラチドは、カルシトニン受容体を刺激し、破骨細胞による骨吸収を抑制する。
 ミノドロン酸は、メバロン酸経路のファルネシル二リン酸合成酵素を活性化し、骨芽細胞から骨細胞への分化を促進する。
 カルシトリオールは、ビタミンD受容体を刺激し、腸管からのカルシウム吸収を促進する。
 ラロキシフェンは、エストロゲン受容体に対し、骨組織ではエストロゲン様作用を示すが、乳房では抗エストロゲン作用を示す。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 誤
デノスマブは抗RANKLモノクローナル抗体であり、RANKLに結合し、RANKL/RANKシグナル系を阻害することにより前駆細胞から破骨細胞への分化を抑制する。
2 誤
テリパラチドは遺伝子組み換えパラトルモン製剤であり、間欠投与で前駆細胞から破骨細胞への分化促進作用や骨芽細胞のアポトーシス抑制作用を示すことにより骨形成を促進する。なお、カルシトニン受容体を刺激し、破骨細胞による骨吸収を抑制するのは、エルカトニンである。
3 誤
ミノドロン酸はビスホスホネート製剤であり、骨のヒドロキシアパタイトに結合し破骨細胞に取り込まれた後、メバロン酸代謝経路のファルネシルピロリン酸(二リン酸)合成酵素を阻害することにより破骨細胞の機能を抑制する。
4 正
カルシトリオールは活性型ビタミンD製剤であり、ビタミンD受容体を刺激することにより腸管からのカルシウム吸収、腎尿細管からのカルシウムの再吸収を促進する。
5 正
ラロキシフェンは選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)であり、骨組織ではエストロゲン様作用を示すが、乳房では抗エストロゲン作用を示す。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.