第102回薬剤師国家試験 問156

痛みを伴う疾患に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 アミトリプチリンは、下行性疼痛抑制系の神経終末でのセロトニン及びノルアドレナリン再取り込みを阻害し、痛覚情報伝達を抑制する。
 トラマドールは、シクロオキシゲナーゼ−2を阻害し、プロスタグランジンの産生を抑制する。
 プレガバリンは、求心性一次知覚神経の電位依存性Ca2チャネルのα2δサブユニットに結合し、神経伝達物質の遊離を抑制する。
 スマトリプタンは、セロトニン5−HT1B/1D受容体を遮断し、片頭痛を緩和する。
 デュロキセチンは、γ−アミノ酪酸GABAB受容体を刺激し、筋緊張を伴う疼痛を緩和する。

 

 

 

解説
1 正
アミトリプチリンは、三環系抗うつ薬であり、下行性疼痛抑制系の神経終末でのセロトニン及びノルアドレナリン再取り込みを阻害し、痛覚情報伝達を抑制することにより末梢神経障害性疼痛に対して効果を示す。
2 誤
トラマドールは、非麻薬性鎮痛薬であり、オピオイドµ受容体刺激による上行性痛覚伝導路の抑制及びセロトニン、ノルアドレナリンの再取り込み阻害作用による下行性疼痛抑制系の活性化により鎮痛作用を示す。
3 正
プレガバリンは、求心性一次知覚神経の電位依存性Ca2チャネルのα2δサブユニットに結合し、グルタミン酸などの神経伝達物質の遊離を抑制することにより神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛に効果を示す。
4 誤
スマトリプタンは、セロトニン5−HT1B/1D受容体を刺激し、脳血管を収縮させることにより片頭痛を緩和する。
5 誤
デュロキセチンは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)であり、下行性疼痛抑制系の神経終末でのセロトニン及びノルアドレナリン再取り込みを阻害し、痛覚情報伝達を抑制することにより糖尿病性神経障害に伴う疼痛及び線維筋痛症に伴う疼痛に対して効果を示す。

解答
1、3

第102回 問156 PDF

第102回 問157

2 thoughts on “第102回薬剤師国家試験 問156

  1. ピンバック: サインバルタ(デュロキセチン)の効能・効果、作用機序 | yakugaku lab

  2. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問155 | yakugaku lab

コメントは停止中です。