第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問155

第102回薬剤師国家試験 問155

全身麻酔薬、麻酔補助薬及び催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 プロポフォールは、メラトニン受容体を選択的に刺激し、催眠作用を示す。
 チアミラールは、γ−アミノ酪酸GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に作用し、細胞外へのCl流出を促進する。
 レミフェンタニルは、血液中の非特異的エステラーゼにより速やかに代謝されるため、作用持続時間はモルヒネよりも短い。
 ゾルピデムは、γ−アミノ酪酸GABAA受容体のα1サブユニット(ω1受容体)に選択的に作用し、睡眠作用を示す。
 エスタゾラムは、セロトニン5−HT1A受容体に部分刺激薬として作用し、睡眠作用を示す。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
プロポフォールは、超短時間型静脈麻酔薬であり、γ−アミノ酪酸GABAA受容体Clチャネル複合体におけるGABAの作用を増強することにより催眠作用を示す。なお、メラトニン受容体を選択的に刺激し、催眠作用を示すのはラメルテオンである。
2 誤
チアミラールは、バルビツール酸系薬であり、γ−アミノ酪酸GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に作用し、細胞内へのCl流入を促進する。
3 正
レミフェンタニルは、麻薬性鎮痛薬であり、選択的にオピオイドµ受容体を遮断することにより強い鎮痛効果を示す。本薬は、血液中の非特異的エステラーゼの作用により速やかに代謝されるため作用持続時間は短い。
4 正
ゾルピデムは、非ベンゾジアゼピン系催眠薬であり、GABAA受容体のベンゾジアゼピン受容体のα1サブユニット(ω1受容体)に選択的に作用し、睡眠作用を示す。
5 誤
エスタゾラムは、ベンゾジアゼピン系催眠薬であり、γ−アミノ酪酸GABAA受容体Clチャネル複合体におけるGABAの作用を増強することにより催眠作用を示す。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.