第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問149

下図は、ある疾患に対して使用可能な2つの薬剤による治療の費用対効果を比較するために作成した決定樹(判断樹)モデルである。治療プログラム(薬物治療)の経済評価において、このようなモデルを用いた分析の特徴として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 目的や状況に応じて条件設定ができる。
  2. 臨床研究と一体化してデータを収集する。
  3. モデルの構築やデータ収集においてバイアスは発生しない。
  4. 仮定に基づくシミュレーションを行う。
  5. 臨床試験と同程度の時間と費用を要する。

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
本モデルのような決定樹(判断樹)モデルにおいては、過去に得られたデータをもとに目的や状況に応じて条件の設定を行い、その条件に応じて治療を行なった場合のシュミレーションすることにより費用対効果の比較を行う。

2 誤
本モデルのような決定樹(判断樹)モデルにおいては、過去に得られたデータをもとにシュミレーションすることから臨床研究と一体化してデータを収集する必要がない。そのため、費用が安く、短時間で費用対効果の比較を行うことが可能である。

3 誤
患者背景が異なるため、モデル構築やデータ収集をする際にバイアスが発生することがある。

4 正
解説1参照

5 誤
解説2参照

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.