第102回薬剤師国家試験 問134

ある農薬を様々な濃度で餌に混ぜ、ラットに2年間与え、慢性毒性を評価したところ、何らの病変も認められなかった最大の農薬濃度は0.02%であった。以下の条件のとき、この農薬の1日許容摂取量(ADI、mg/kg体重/日)として最も近い値はどれか。1つ選べ。
ラットの1日あたりの摂餌量:25 g
ラットの平均体重:250 g
ヒトの平均体重:50 kg
安全係数:100

 0.01
 0.2
 5
 20
 125

 

 

 

解説
ADIとは、ヒトが生涯にわたり毎日摂取し続けたとしても影響が出ないと考えられる1日当たりの量を、体重1 kg当たりで表した値であり、以下の式で表される。
ADI=NOAEL×1/安全係数
NOAEL:無毒性量(生体に有害な反応を起こさない最大量)
<NOAEL:無毒性量を求める>
「ラットの1日あたりの摂餌量:25 g」、「ラットの平均体重:250 g」、「何らの病変も認められなかった最大の農薬濃度は0.02%であった」となっていることから、NOAELを以下にように求めることができる。
NOAEL=25 g/日(摂取量)×0.0002÷250 g(ラットの体重)=20(mg/kg/日)
これらのことから、ADIを以下のように求めることができる。
ADI=20(mg/kg/日)×1/100=0.2(mg/kg/日)

解答
2

第102回 問134 PDF

第102回 問135