第102回薬剤師国家試験 問119

移植片拒絶反応について調べるため、2種類の近交系のマウス(A/AとB/B)を用いて、下記のような交配を行った。これらのマウスを用いて皮膚の移植実験を行った。以下に実験結果を示す。なお、A/A、A/B及びB/Bは組織適合抗原の遺伝子型を表している。
[交配手順]
① A/Aの親マウスとB/Bの親マウス間で交配し、雑種第一代(F1)マウスを得た。
② F1マウス同士を交配して雑種第二代(F2)マウスを得た。

[実験結果]
① A/Aの親マウス同士の移植、B/Bの親マウス同士の移植は常に成立した。
② A/Aの親マウスとB/Bの親マウスの間の移植は常に失敗した。
以上の移植実験結果に基づき、移植が常に成立すると予想されるのはどれか。2つ選べ。

 A/Aの親マウスから、F1マウスへの移植
 F1マウスから、A/Aの親マウスへの移植
 A/Aの親マウスから、F2マウスの移植
 F1マウスから、B/Bの親マウスへの移植
 F2マウスから、F1マウスへの移植

 

 

 

解説
移植される側が組織適合抗原の同じ型を有する場合、移植が成立する。このことから、移植の成立有無について下記のように考えることができる。
A/A → A/A:移植される側が同じ型を有するため、移植成立
B/B → B/B:移植される側が同じ型を有するため、移植成立
A/B → A/A or B/B:移植される側が同じ型を有しないため、移植不成立
A/A or B/B or A/B → A/B:移植される側が同じ型を有するため、移植成立

1 正
A/Aの親マウスから、F1マウス(A/B)への移植では、常に移植成立する。
2 誤
F1マウス(A/B)から、A/Aの親マウスへの移植では、常に移植が成立しない。
3 誤
A/Aの親マウスから、F2マウス(A/A or A/B or B/B)の移植では、移植が成立しない場合がある。
4 誤
F1マウス(A/B)から、B/Bの親マウスへの移植では、常に移植が成立しない。
5 正
F2マウス(A/A or A/B or B/B)から、F1マウス(A/B)への移植では、常に移植が成立する。

解答
1、5

第102回 問119 PDF

第102回 問120

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問119

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問118 | yakugaku lab

コメントは停止中です。