第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問118

免疫系における胸腺の役割に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. T細胞の前駆細胞は骨髄で作られた後、胸腺に移動して分化・成熟する。
  2. 胸腺において、T細胞抗原受容体の遺伝子の再構成が起こる。
  3. 胸腺は、成人において造血が行われる主要な器官である。
  4. 胸腺は、二次リンパ器官の一つである。
  5. B細胞は主として胸腺で産生され、リンパ節で分化・成熟する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
T細胞の前駆細胞は骨髄で産生された後、胸腺に移動して分化・成熟し、免疫反応を行う二次リンパ器官に移動する。

2 正
T細胞抗原受容体(TCR)の遺伝子の再構成は、胸腺において行われ、多様なTCRを発現に関与する。これによりT細胞は多くの抗原を認識することが可能となる。

3 誤
成人において、造血が行われるのは骨髄である。骨髄には、すべての血球に分化可能な多能性造血幹細胞が存在し、種々の血球細胞及び未熟なリンパ球が産生される。

4 誤
胸腺は、リンパ球の産生や分化、成熟に関与する一次リンパ器官である。

5 誤
B細胞は、主として骨髄で産生・分化し、二次リンパ器官に移動して成熟B細胞となる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.