第101回薬剤師国家試験 問94

水溶液中のイオン間相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 強電解質のモル伝導率は、濃度に比例して増加する。
 難溶解性塩であるAgClの溶解度は、NaNO3の添加によるイオン強度の増大とともに増大する。
 高濃度の強電解質溶液におけるイオンの平均活量係数は、1より大きくなることがある。
 水中における電解質のイオン間相互作用は、アルコールなどを添加して溶媒の誘電率が低下すると減少する。
 アルカリ金属における極限モル伝導率は、K<Na<Liの順に大きくなっている。

 

 

 

解説
1 誤
強電解質のモル伝導率は、濃度の平方根に対して直線的に減少する。
2 正
難溶解性塩の溶解度は、異なるイオンを含む電解質を添加することにより増大する。AgClとNaNO3は水溶液中で解離し異なるイオンとなるため、AgClの溶解度は、NaNO3を添加することにより増大する。
3 正
希薄溶液では、強電解質溶液におけるイオンの平均活量係数は1より小さくなるが、高濃度では、イオンと溶媒分子の相互作用により、強電解質溶液におけるイオンの平均活量係数は1より大きくなることがある。
4 誤
イオン間の相互作用は誘電率と反比例の関係にあるため、溶媒の誘電率が低下すると、イオン間相互作用は増大する。
5 誤
アルカリ金属における極限モル伝導率は、水和イオン半径の影響を受けるため、Li<Na<Kの順に大きくなっている。

解答
2、3

第101回 問94 PDF

第101回 問95

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問94

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問93 | yakugaku lab

コメントは停止中です。