第101回薬剤師国家試験 問62

骨量に対する作用として、骨吸収抑制を主な作用機序としない骨粗しょう症治療薬はどれか。1つ選べ。

1    ビスホスホネート製剤
2    SERM(選択的エストロゲン受容体モジュレータ)
3    エストロゲン製剤
4    ビタミンK2製剤
5    カルシトニン製剤

 

 

 

解説
1 骨吸収抑制を主な作用機序とする
ビスホスホネート製剤は、破骨細胞に取り込まれ、骨吸収を抑制する。
2 骨吸収抑制を主な作用機序とする
SERM(選択的エストロゲン受容体モジュレータ)及びエストロゲンは、破骨細胞のエストロゲン受容体に結合し、骨吸収を抑制する。
3 骨吸収抑制を主な作用機序とする
解説2参照
4 骨吸収抑制を主な作用機序としない
ビタミンK2製剤は、オステオカルシンのグルタミン酸残基のγ−カルボキシル化を促進し、骨形成を促進する。
5 骨吸収抑制を主な作用機序とする
カルシトニン製剤は、破骨細胞のカルシトニン受容体に作用し、骨吸収を抑制する。

解答
4

第101回 問62 PDF

第101回 問63

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問62

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問61 | yakugaku lab

コメントは停止中です。