第101回薬剤師国家試験 問58

クッシング症候群の臨床症状及び所見に該当するのはどれか。1つ選べ。

 低血圧
 低血糖
 中心性肥満
 筋力増強
 皮膚の肥厚

 

 

 

解説
クッシング症候群とは、副腎髄質からの慢性的なコルチゾール、アルドステロン、アンドロゲンの過剰分泌により特異的な臨床症状を示す症候群のことである。クッシング症候群で認められる症状を以下に示す。
・コルチゾールによる糖質コルチコイド作用
満月様顔貌、中心性肥満、耐糖能異常(高血糖)、筋力の低下、皮膚の菲薄化
・アルドステロンによる鉱質コルチコイド作用
低カリウム血症、高血圧
・アンドロゲンによる作用
無月経

解答
3

第101回 問58 PDF

第101回 問59

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問58

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問57 | yakugaku lab

コメントは停止中です。