第101回薬剤師国家試験 問57

心電図上QT間隔の延長を誘発する可能性が最も高い抗不整脈薬はどれか。1つ選べ。

 メキシレチン
 ベラパミル
 アミオダロン
 プロプラノロール
 ジゴキシン

 

 

 

解説
心電図上QT間隔の延長を誘発する可能性が最も高い抗不整脈薬は、アミオダロンである。アミオダロンは、Vaughan William分類Ⅲ群に分類され、Kチャネル遮断作用を示し、副作用として、QT延長症候群を起こす可能性がある。なお、他の選択肢の薬物も抗不整脈の治療に用いられるが、副作用としてQT延長症候群を起こす可能性は低い。
1 誤
メキシレチンは、Vaughan William分類Ⅰb群に分類され、Naチャネル遮断作用を示す。
2 誤
ベラパミルは、Vaughan William分類Ⅳ群に分類され、Ca2チャネル遮断作用を示す。
3 正
4 誤
プロプラノロールは、Vaughan William分類Ⅱ群に分類され、アドレナリンβ受容体遮断作用を示す。
5 誤
ジゴキシンは、強心配糖体であり、Na−KATPase阻害作用を示す。

解答
3

第101回 問57 PDF

第101回 問58

第101回薬剤師国家試験 問57」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問56 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA