第101回薬剤師国家試験 問49

不揮発性の電解質を溶解させた希薄水溶液において、溶質の濃度上昇とともに値が減少するのはどれか。1つ選べ。

 イオン強度
 凝固点
 沸点
 浸透圧
 溶質のモル分率

 

 

 

解説
1 誤
イオン強度とは、溶液中のすべてのイオン種について、それぞれのイオンのモル濃度と電荷の2乗の積を加え合わせたものである。希薄溶液において、溶質の濃度上昇とともにイオン強度の値は大きくなる。
2 正
希薄溶液において、溶質の濃度が上昇すると、凝固点降下、沸点上昇、浸透圧増大が認められる(溶液の束一的性質)。
3 誤
解説2参照
4 誤
解説2参照
5 誤
溶質の濃度が上昇すると、溶液中の溶質の割合が増加するため、溶質のモル分率は上昇する。

解答
2

第101回 問49 PDF

第101回 問50

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問49

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問48 | yakugaku lab

コメントは停止中です。