第101回薬剤師国家試験 問47

血中薬物濃度に基づく治療薬物モニタリング(TDM)において、効果発現と副作用リスクの指標としてトラフ値とピーク値の測定が推奨される薬物はどれか。1つ選べ。

 ゲンタマイシン
 タクロリムス
 フェノバルビタール
 ジゴキシン
 リドカイン

 

 

 

解説
TDMでは、一般に次回投与直前(トラフ値)を測定するが、ゲンタマイシンのTDMについてはトラフ値およびピーク値の測定を行う。
<ゲ

第101回薬剤師国家試験 問47」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問46 | yakugaku lab

コメントは停止中です。