第101回薬剤師国家試験 問39

腫瘍壊死因子−α(TNF-α)と結合し、その作用を抑制するのはどれか。1つ選べ。

 シクロスポリン
 オーラノフィン
 ブシラミン
 エタネルセプト
 アバタセプト

 

 

 

解説
1 誤
シクロスポリンは、ヘルパーT細胞において、シクロフィリンと複合体を形成し、カルシューリンの活性化を阻害することにより免疫抑制作用を示す。
2 誤
オーラノフィンは、自己抗体産生を抑制することにより抗リウマチ作用を示す。
3 誤
ブシラミンは、分子内に2個のSH基を有するシステイン誘導体で、リウマトイド因子や免疫複合体のジスルフィド結合(−S−S—)を解離させ、抗リウマチ作用を示す。
4 正
エタネルセプトは、完全ヒト型可溶性TNFα/TNFβレセプター製剤であり、過剰に産生されたTNF−αをおとり受容体として細胞表面のTNF−α受容体との結合を阻害することにより、抗リウマチ作用を示す。
5 誤
アバタセプトは、抗原提示細胞表面のCD80/CD86に結合し、CD28を介した共刺激シグナルを阻害することによりT細胞の活性化を抑制して抗リウマチ作用を示す。

解説
4

第101回 問39 PDF

第101回 問40

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問39

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問38 | yakugaku lab

コメントは停止中です。