第101回薬剤師国家試験 問38

シクロオキシゲナーゼをアセチル化し、不可逆的に酵素活性を阻害する非ステロイド性抗炎症薬はどれか。1つ選べ。

 アスピリン
 ピロキシカム
 エトドラク
 ジクロフェナク
 チアラミド

 

 

 

解説
1 正
アスピリンは、シクロオキシゲナーゼ(COX)のセリン残基をアセチル化することにより不可逆的に酵素活性を阻害する。
2 誤
ピロキシカムは、COXを阻害し、プロスタグランジン(PG)合成を抑制することにより鎮痛・抗炎症作用を示す。
3 誤
エトドラクは、COX−2を阻害し、炎症部位でのPG合成を阻害することにより鎮痛・抗炎症作用を示す。
4 誤
ジクロフェナクは、COXを阻害し、プロスタグランジン(PG)合成を抑制することにより鎮痛・抗炎症作用を示す。
5 誤
チアラミドは、塩基性非ステロイド性抗炎症薬であり、COX阻害作用は極めて弱いか、ほとんど認められない。

解答
1

第101回 問38 PDF

第101回 問39

第101回薬剤師国家試験 問38」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問37 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA