第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問344

第101回薬剤師国家試験 問344

7歳女児。近医の皮膚科にてアトピー性皮膚炎と診断され、母親が以下の処方箋を保険薬局に持参した。

薬剤師が母親に服薬指導する内容として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 タクロリムス軟膏は、傷やただれているところに使用して下さい。
 ベタメタゾン吉草酸エステルクリームは、症状が改善されても自己判断で中止しないで下さい。
 ヘパリン類似物質クリームは、皮膚の保湿効果があります。
 ヘパリン類似物質クリームは、傷やただれがあるところに塗らないで下さい。
 フェキソフェナジン塩酸塩は、眠気を起こしにくい薬です。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
1 適切でない
タクロリムス軟膏を傷やただれているところに使用すると、吸収が促進され、血中濃度が上昇し、副作用である腎障害が発現する可能性がある。そのため、タクロリムス軟膏を使用する場合には、あらかじめ傷口の処置を行い、傷やただれの改善を確認した後に、本剤の使用を開始する。
2 適切である
ベタメタゾン吉草酸エステルは副腎皮質ステロイド性薬である。ベタメタゾン吉草酸エステルクリームを急に中止すると、ステロイド離脱症候群(低血圧、低血糖、低ナトリウム血症、高カリウム血症など)が現れることがある。
3 適切である
ヘパリン類似物質クリームは、角質水分保持増強作用を示すため、皮膚の保湿効果を有する。
4 適切である
ヘパリン類似物質クリームを使用する際、傷やただれを避けて使用する必要がある。
5 適切である
フェキソフェナジン塩酸塩は、第二世代抗ヒスタミン薬であり、脳内移行性が低く、眠気を誘発しにくい。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.