第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問341

第101回薬剤師国家試験 問341

8歳男児。ぜん息でかかりつけ医に以下の処方を出してもらっている。

しかし、発作が頻発し症状が重篤化したため救急車で病院に搬送された。かかりつけ医が処方した薬のアドヒアランスを確認したところ、しっかり服用できていた。

発作時の薬物療法として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 アミノフィリンの点滴
 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウムの点滴
 クロモグリク酸ナトリウムの吸入
 プロカテロール塩酸塩水和物の吸入
 サルブタモール硫酸塩の吸入

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
気管支ぜん息治療薬には、発作治療薬(リリーバー)と長期管理薬(コントローラー)がある。
・発作治療薬(リリーバー)として用いられるもの
アミノフィリンの点滴(選択肢1)
ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウムの点滴(選択肢2)
プロカテロール塩酸塩水和物の吸入(選択肢4)
サルブタモール硫酸塩の吸入(選択肢5)
・長期管理薬(コントローラー)として用いられるもの
クロモグリク酸ナトリウムの吸入(選択肢3)

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.