第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問308〜309

第101回薬剤師国家試験 問308〜309

62歳男性。切除不能の再発直腸がんに対して、カペシタビンとオキサリプラチン併用化学療法を開始することになった。外来化学療法室の薬剤師は、男性には循環器内科の受診歴があり、以下の薬剤を服用中であることを確認した。

問308 (実務)
薬剤師は以下の検査データを確認した。化学療法の開始に伴う相互作用による重篤な副作用を回避するため、定期的にモニタリングすべき検査データとして、特に重要なのはどれか。1つ選べ。

 クレアチニンキナーゼ値
 PT-INR値
 血清カリウム値
 血糖値
 白血球数

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
カペシタビンとワルファリンの併用により、血液凝固能検査値異常、出血が発現し死亡に至った例も報告されている。カペシタビンとワルファリンの相互作用による重篤な副作用を回避するためには、定期的に血液凝固能検査(プロトロンビン時間、PT−INR値)を行い必要な措置を行う必要がある。


問309 (法規・制度・倫理)
カペシタビンは添付文書に休薬期間を設けるように記載されているが、休薬期間を設けない処方がなされた。薬剤師が疑義照会をせずに、そのまま調剤したため、患者に健康被害が生じた。薬剤師が問われる可能性のある法的責任として誤っているのはどれか。1つ選べ。

 民法に基づく不法行為責任
 刑法に基づく業務上過失傷害罪
 薬剤師法に基づく薬剤師業務の停止
 薬剤師法に基づく戒告
 医療法に基づく罰金刑

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
疑わしい点があるにも関わらず疑義照会せずにそのまま調剤したため、患者に健康被害を生じさせた場合、薬剤師は、以下の法的責任を問われることがある。
・民事的責任:民法に基づく不法行為責任
・刑事的責任:刑法に基づく業務上過失傷害罪
・行政的責任:薬剤師法に基づき戒告、業務停止(3年以内)、免許の取り消し
なお、医療法には薬剤師に対する刑罰は規定されていないため、医療法に基づく罰金刑を問われることはない。

参考
・不法行為責任
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者がこれによって生じた傷害を賠償する責任
・業務上過失傷害責任
業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者が問われる可能性のある刑罰

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.