第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問292〜293

第101回薬剤師国家試験 問292〜293

65歳女性。高血圧症治療のために通院している病院で、慢性心不全(NYHA分類Ⅰ度)と診断された。本日の受診時にむくみなどの自覚症状はないが、心臓超音波検査では左室機能が低下していると指摘された。
血圧:132/80 mmHg、脈拍:78回/分整
副作用歴:リシノプリルによる空咳
薬歴:半年前より テルミサルタン錠40 mg 1日1回
医師は薬剤を追加するに際し、薬剤師に相談した。

問292 (実務)
この患者に追加する心不全治療薬として、最も推奨される薬物はどれか。1つ選べ。

 ジゴキシン
 フロセミド
 カプトプリル
 カルベジロール
 イソプロテレノール

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
選択肢のうち、NYHA分類Ⅰ度の治療に用いられるのは、ACE阻害薬であるカプトプリルとαβ受容体遮断薬であるカルベジロールである。
本患者は以前にリシノプリルによる空咳を起こしたことがあるため、本患者に対しては、カルベジロールを処方することが推奨される。


問293(病態・薬物治療)
前問で推奨される追加薬物に関して適切なのはどれか。1つ選べ。

 導入直後から心筋の収縮力が改善する。
 治療薬物モニタリング(TDM)の対象薬物である。
 導入時に高用量の負荷投与を行い、続けて維持量を投与する。
 導入時に心不全が悪化することがある。
 レニンの分泌を促進する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
カルベジロールはαβ受容体遮断薬であり、α1受容体遮断作用により血管を拡張させ、β1受容体遮断作用により心機能を抑制する。それにより本剤は心臓への負荷を軽減して、慢性心不全の予後を改善する。
1 誤
解説4参照
2 誤
本剤は、治療薬物モニタリング(TDM)の対象薬物ではない。
3 誤
本剤は、低用量から投与を開始し、続けて維持量を投与する。
4 正
導入時に心機能の収縮力が抑制され、心不全が悪化することがある。
5 誤
本剤のβ受容体遮断作用により、レニン分泌は抑制される。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.