第101回薬剤師国家試験 問272〜273

58歳男性。本態性高血圧症及び狭心症に対して外来で薬物治療を受けていたが、急に症状が悪化したため入院となった。薬剤師が面談し、薬物の使用状況等について尋ねたところ、めまいや、一過性の意識障害などの症状が現れることが時々あったため、最近になって自己判断で服薬を止めていたことが判明した。

問272 (実務)
この患者が服用していた薬物として最も可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

 アリスキレンフマル酸塩
 エナラプリルマレイン酸塩
 カンデサルタンシレキセチル
 ニフェジピン
 フロセミド

 

 

 

解説
問題文に「本態性高血圧症及び狭心症に対して外来で薬物治療を受けていた」と記載されていることから、本患者は高血圧及び狭心症の治療に用いることができるニフェジピンを服用していた可能性が高い。なお、他の選択肢の薬物は、高血圧に用いられるが狭心症に用いられない。

解答
4

問273 (薬剤)
服薬中止のきっかけとなった症状は、この患者が最近摂取し始めた食品あるいは一般用医薬品との相互作用に起因すると考えられた。摂取していた可能性が最も高いのはどれか。1つ選べ。

 牛乳
 鉄製剤
 アルミニウムを含む制酸剤
 グレープフルーツジュース
 セントジョーンズワートを含む健康食品

 

 

 

解説
問題文に「薬物の使用状況等について尋ねたところ、めまいや、一過性の意識障害などの症状が現れることが時々あった」と記載されていることから、ニフェジピンの効果が強く現れたことで服用を中止したと考えられる。選択肢のうち、ニフェジピンの効果を増強させるものは「グレープフルーツジュース」である。グレープフルーツジュースには、フラボノイド、フラノクマリンが含まれており、それらにより小腸に存在するCYP3A4を阻害されるため、グレープフルーツジュースとニフェジピンを併用するとニフェジピンの小腸での代謝を阻害され、血中濃度が上昇することがある。

解答
4

第101回 問272〜273 PDF

第101回 問274〜275

第101回薬剤師国家試験 問272〜273」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問270〜271 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA