第101回薬剤師国家試験 問256〜257

第101回薬剤師国家試験 問256〜257

73歳男性。入院中の患者。切除不能の胃がんに対して、S-1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)/シスプラチン療法を開始し、その後、退院して外来化学療法で治療を継続することとなった。

問256 (実務)
治療開始時又は退院時に薬剤師が患者に対して行う説明として適切でないのはどれか。1つ選べ。

 S-1の服用においては、休薬期間が設けられています。
 治療効果を高めるために、水分の摂取量を制限してもらうことがあります。
 投与期間中には、重篤な副作用を回避するため、定期的に血液検査を行う必要があります。
 悪心・嘔吐、食欲不振等が起きることがあります。
 激しい下痢、腹痛が起きることがあります。

 

 

 

 

 


解答
2


解説
1 適切
S−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)は、通常、28日間連続で投与し、その後14日間休薬する。これを1クールとして投与を繰り返す。
2 不適切
シスプラチン投与中に水分摂取を控えると、シスプラチンが体内に蓄積し、腎障害が現れやすくなる。そのため、シスプラチン投与中は水分摂取量の制限をせず、尿量確保に注意する必要がある。
3 適切
S−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)による骨髄抑制、劇症肝炎等の重篤な副作用を回避するために、定期的に血液検査を行う必要がある。
4 適切
S−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)及びシスプラチンを投与することにより、悪心・嘔吐、食欲不振等の消化器障害が起こることがある。
5 適切
S−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)及びシスプラチンを投与することにより、腸管粘膜が障害されることによる激しい下痢及び腹痛が生じることがある。


問257 (薬理)
この化学療法の副作用を軽減する薬物に関する記述として誤っているのはどれか。1つ選べ。

 アザセトロンは、化学受容器引き金帯(CTZ)と求心性迷走神経終末のセロトニン5-HT3受容体を遮断し、急性の悪心・嘔吐を抑制する。
 タンニン酸アルブミンは、大腸のアウエルバッハ神経叢を刺激し、大腸のぜん動運動を促進する。
 アプレピタントは、ニューロキニンNK1受容体を遮断し、遅発性の悪心・嘔吐を抑制する。
 D-マンニトールは、管腔内浸透圧上昇を介して近位尿細管のナトリウム再吸収を抑制し、尿量を増加させる。
 レノグラスチムは、顆粒球系幹細胞に作用し、好中球を増加させる。

 

 

 

 

 

 


解答
2


解説
1 正しい
アザセトロンは、延髄の化学受容器引き金帯(CTZ)と求心性迷走神経終末のセロトニン5-HT3受容体及び腸管クロム親和性細胞上の5-HT3受容体を遮断し、制吐作用を示す。
2 誤っている
タンニン酸アルブミンは、腸管内で分解され、タンニン酸を遊離する。タンニン酸は、粘膜組織のタンパク質と結合して不溶性被膜を形成することにより止瀉作用を示す。
3 正しい
アプレピタントは、ニューロキニンNK1受容体を選択的に遮断し、遅発性の悪心・嘔吐を抑制する。アプレピタントは、5−HT3受容体遮断薬、デキサメタゾンと併用することで、シスプラチンによる嘔吐を抑制することが可能である。
4 正しい
D-マンニトールは、糸球体でろ過され、その後尿細管からほとんど吸収されないため、管腔内浸透圧を上昇させる。それにより、近位尿細管のナトリウム再吸収を抑制され、尿量が増加する。
5 正しい
レノグラスチムは、顆粒球コロニー刺激因子(G−CSF)製剤であり、顆粒球系幹細胞に作用し、好中球を増加させる。

第101回薬剤師国家試験 問256〜257” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。