第101回薬剤師国家試験 問240〜241

36歳男性。CD20陽性の再発低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫のため、イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)を投与することになり、注射液の調製が依頼された。

問240 (実務)
イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液はイブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)にイットリウム(90Y)を結合させて調製する。調製について誤っているのはどれか。1つ選べ。

 製品名と規格、検定日、使用量、使用日、患者名、調製者名等を記載した記録簿を作成し保管する。
 調製は、微生物の汚染を防ぐためにクリーンベンチ内で行う。
 飛散防止のためにバイアル内は陰圧に保つ。
 放射性医薬品が分注されたシリンジには、医薬品の名称、量及び患者氏名を記入したシールを貼付する。
 調製時に発生した放射性廃棄物は、専用のドラム缶に封入し保管廃棄する。

 

 

 

解説
1 正しい
放射性医薬品使用記録簿には、製品名と規格、検定日、使用量、使用日、患者名、調製者名等が記載され、その保管期間は、5年以上と定められている。
2 誤っている
本剤の調製は、調製者の被曝を避け、無菌操作で行う必要がある。よって、本剤の調製は安全キャビネット内で行う必要がある。
3 正しい
本剤調製時、バイアル内が陽圧状態にあると、針を抜き取る際、内容物が噴出して放射性物質による汚染や被曝が起こるおそれがある。よって、本剤調製時は、バイアル内を陰圧に保つ必要がある。
4 正しい
放射性医薬品が分注されたシリンジには、医薬品の名称・量及び患者氏名を記入したシールを貼付し、その後、被曝を防止するため、放射性医薬品専用の保管ボックスに封入し保管する。
5 正しい
調製時に発生した放射性廃棄物については、専用の容器に封入し保管廃棄する。

解答
2

問241 (衛生)
90Yに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 主にβ線を放出する。
 半減期は約1週間である。
 90Srとの間に放射平衡が成り立つ。
 神経組織に特異的効果を示す。
 光電効果やコンプトン散乱を引き起こす。

 

 

 

解説
1 正
90Yは、主にβ線を放出する。
2 誤
90Yの半減期は、64.1時間である。
3 正
90Srは放射壊変により、放射性核種90Yを経て、90Zrの安定核種になる。
90Srの半減期は、90Yの半減期に比べ十分長いため、90Srと90Yの間には、永続平衡が成立する。
4 誤
90Yは、神経組織に対して集積性を示さないため、神経組織に特異的効果を示さない。
5 誤
90Yから放出されるβ線は、弾性散乱、制動放射などを引き起す。なお、光電効果やコンプトン散乱を引き起すのは、γ線である。

解答
1、3

第101回 問240〜241 PDF

第101回 問242〜243

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問240〜241

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問238〜239 | yakugaku lab

コメントは停止中です。