第101回薬剤師国家試験 問234〜235

34歳女性。検診で乳がんの疑いを指摘された。血縁者の多くが乳がんを発症していたため、乳がんの遺伝子検査及び組織診断を受けた。その結果、HER2陽性乳がんと診断された。骨転移があるため、ドセタキセル/カルボプラチン/トラスツズマブの併用療法のレジメンに従い、薬物治療が始まった。

問234 (衛生)
遺伝性乳がんの発症に関わる遺伝子はどれか。1つ選べ。

 APC
 BRCA1
 NF1
 p53
 RB
 VHL

 

 

 

解説
遺伝性乳がんの発症に関わる遺伝子は、BRCA(brest cancer susceptibility gene)1である。BRCA1はがん抑制遺伝子であり、その変異及び組換えが生じることによりDNA修復タンパク質の産生が低下し、乳がんや卵巣がんを引き起す。

解答
2

問235 (実務)
ドセタキセル/カルボプラチン/トラスツズマブの併用療法について、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 トラスツズマブ投与前及び投与期間中に適宜心機能検査をする。
 トラスツズマブはアナフィラキシー様症状に注意して投与する。
 トラスツズマブの代表的な副作用に骨髄抑制がある。
 カルボプラチンの投与期間中は血清電解質濃度及び腎機能検査を行う。
 カルボプラチンはアナフィラキシー様症状に注意して投与する。
6 カルボプラチンの代表的な副作用に骨髄抑制がある。

 

 

 

解説
1 正しい
トラスツズマブの投与により心不全等の重篤な心障害が現れ、死亡に至った例が報告されている。そのため、本剤投与開始前には患者の心機能を確認する必要がある。
2 正しい
トラスツズマブ投与中又は投与開始後24時間以内に多く現れるinfusion reactionのうち、アナフィラキシー様症状、肺障害等の重篤な副作用が発現し死亡に至った例が報告されている。そのため、アナフィラキシー様症状等が現れないか患者の状態を十分に観察しながら本剤を投与する必要がある。
3 誤っている
トラスツズマブは重大な副作用として、心障害、アナフィラキシー様症状、間質性肺炎を起こすことはあるが、骨髄抑制を起こすとの報告はされていない。
4 正しい
カルボプラチンは重大な副作用として、汎血球減少症等の骨髄抑制や急性腎不全、肝不全などを起こすことがある。そのため、カルボプラチン投与期間中は血清電解質濃度及び肝機能検査や腎機能検査を行い、患者の状態を十分に観察する必要がある。
5 正しい
カルボプラチン投与により、アナフィラキシーを起こすことがある。そのため、アナフィラキシー様症状等が現れないか患者の状態を十分に観察しながら本剤を投与する必要がある。
6 正しい
解説4参照

解答
3

第101回 問234〜235 PDF

第101回 問236〜237

第101回薬剤師国家試験 問234〜235」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問232〜233 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA