第101回薬剤師国家試験 問222〜223

第101回薬剤師国家試験 問222〜223

フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病と診断を受けた患者が、イマチニブメシル酸塩錠の服用を始めたが、効果が不十分であった。そのため、他の薬剤に切り換えることとなった。

問222 (実務)
切り換えの薬物として推奨されるのはどれか。1つ選べ。

 ゲフィチニブ
 ソラフェニブトシル酸塩
 ダサチニブ水和物
 クリゾチニブ
 エルロチニブ塩酸塩

 

 

 

 


解答
3


解説
フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病と診断を受け、イマチニブメシル酸塩錠の服用を始めたが、効果が不十分であった。この症例において、切り替え薬物として用いられるものにダサチニブ水和物がある。ダサチニブ水和物は、BCR—ABLチロシンキナーゼ阻害薬であり、イマチニブ抵抗性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に用いられる。


問223 (物理・化学・生物)
フィラデルフィア染色体が形成される変異の分類として正しいのはどれか。1つ選べ。

 置換
 欠失
 逆位
 挿入
 転座

 

 

 

 

 


解答
5


解説
フィラデルフィア染色体は、9番の染色体と22番の染色体の相互転座により生じる。
・置換:DNAのヌクレオチドが別のヌクレオチドに入れ替わることにより起こる遺伝子異常
・欠失:染色体やDNAの一部が失われることにより起こる遺伝子異常
・逆位:同一の染色体が2箇所で切断され、逆転し再結合することにより起こる遺伝子異常
・挿入:あるDNA配列に他のDNA配列の一部が組み込まれることにより起こる遺伝子異常
・転座:染色体の一部が同一又は他の染色体に位置を変えることにより起こる遺伝子異常