第101回薬剤師国家試験 問20

食品衛生法に基づき、リンゴジュースについて基準値が定められているカビ毒はどれか。1つ選べ。

 アフラトキシンB1
 ステリグマトシスチン
 オクラトキシンA
 パツリン
 エルゴタミン

 

 

 

解説
パツリンは、Penicillium expansum等のカビによって産生されるカビ毒であり、主にリンゴ及びその加工品から検出されることがある。よって、食品衛生法に基づき、リンゴジュース及び原料用リンゴ果汁について、パツリンの基準値として0.05 ppmが定められている。

解答
4

第101回 問20 PDF

第101回 問21