第101回薬剤師国家試験 問195

第101回薬剤師国家試験 問195

以下の図は、3群以上の間で仮説検定を行う場合の、データの種類に応じた仮説検定法の選択とその順序の概要を示したものである。図の①、②、③の組合せとして適切なのはどれか。1つ選べ。なお、post hoc多重比較検定にはTukeyの検定、Scheffeの検定、Dunnettの検定などが含まれる。

 

 

 

 

 

 

 


解答
5


解説
3群以上の間で仮説分析を行う際、用いるデータが正規分布かどうか判断する。
・データ正規分布に従っていない場合
ノンパラメトリックな多群の同時比較法であるKruskal-Wallis検定を行う。
・データが正規分布に従っている場合
一元配置分散分析で各データの平均値の差を分析し、その後、post hoc多重比較検定(Tukeyの検定、Scheffeの検定、Dunnettの検定など)を行う。

参考
・Tukeyの検定
多群を比較する際、すべての対について比較を行う方法
・Scheffeの検定
各群の対比較に加え、複数データ群を含むグループ間のデータの比較も行う方法
・Dunnettの検定
1つの群を基準とし、その他の群と対比較を行う方法

第101回薬剤師国家試験 問195” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。