第101回薬剤師国家試験 問186

36歳男性。既往歴に特記すべきことなし。体のだるさとともに、突然、上眼瞼と下肢に浮腫が出現した。血圧は140/85 mmHgで、血液検査・尿検査を行ったところ、結果は以下のとおりであった。
血液検査:白血球5,800/µL、Hb 14.2 g/dL、血小板数25×104/µL、AST 32 IU/L、ALT 38 IU/L、血中尿素窒素(BUN)23 mg/dL、血清クレアチニン1.2 mg/dL、クレアチニンクリアランス80 mL/min、Na 138 mEq/L、K 4.5 mEq/L、Cl 102 mEq/L、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)268 mg/dL、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)39 mg/dL、トリグリセリド190 mg/dL、血清総タンパク5.6 g/dL、血清アルブミン2.6 g/dL、空腹時血糖98 mg/dL、HbA1c 5.6%
尿検査:尿潜血(-)、尿タンパク(4+)3.8 g/day、尿比重1.018
精査の結果、ステロイドのパルス療法が開始された。

この患者の推定される病態として正しいのはどれか。1つ選べ。

 痛風腎
 糖尿病
 ネフローゼ症候群
 急性肝炎
 多発性硬化症

 

 

 

解説
本患者の注目すべき血液検査及び尿検査項目を以下に示す。
・血清総タンパク5.6 g/dL
・血清アルブミン2.6 g/dL
・尿タンパク(4+)3.8 g/day
これらの項目より、本患者には血清中タンパク質の低下、尿中タンパク質の増加が認められている。このことから、本患者は、ネフローゼ症候群であると推定される。なお、ネフローゼ症候群の診断必須条件は「タンパク尿(3.5 g/日以上)、低タンパク血症(血清総タンパク質量6.0 g/dL以下、血清アルブミン量3.0 g/dL以下)」である。

解答
3

第101回 問186 PDF

第101回 問187

第101回薬剤師国家試験 問186」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問185 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA