第101回薬剤師国家試験 問169

薬物の腎排泄に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 糸球体の基底膜は陽性に帯電しているため、酸性薬物は塩基性薬物よりろ過されやすい。
 投与された薬物のすべてが腎排泄によって消失するとき、その腎クリアランスはクレアチニンクリアランスにほぼ等しい。
 フェノールスルホンフタレインは、主に尿細管分泌により体内から消失するため、腎機能測定に用いられる。
 OAT1は近位尿細管上皮細胞の刷子縁膜に存在し、細胞内の有機カチオンを管腔内へ排出する。
 尿細管における弱塩基性薬物の再吸収は、尿のpHが大きくなると増大し、その腎クリアランスは低下する。

 

 

 

解説
1 誤
糸球体の基底膜は陰性に帯電しているため、マイナスに帯電しやすい酸性薬物は、プラスに帯電しやすい塩基性薬物よりろ過されにくい。
2 誤
腎クリアランスは、ろ過クリアランス、分泌クリアランス、再吸収率により変化する。また、クレアチニンクリアランスはろ過クリアランスとほぼ同じ値である。これらのことから、投与された薬物のすべてがろ過によって消失する場合、その腎クリアランスはクレアチニンクリアランスにほぼ等しくなる。
3 正
フェノールスルホンフタレインは、主に尿細管分泌により体内から消失するため、その腎クリアランスより腎臓の分泌機能を測定することが可能である。
4 誤
OAT1(有機アニオントランスポーター1)は近位尿細管上皮細胞の側底膜側に存在し、血液中の有機アニオンを細胞内へ輸送する
5 正
弱塩基性薬物の分子形分率は、pHが大きくなるに伴って増大することから、尿細管における弱塩基性薬物の再吸収は、尿のpHが大きくなると増大し、その腎クリアランスは低下する。

解答
3、5

第101回 問169 PDF

第101回 問170

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問169

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問168 | yakugaku lab

コメントは停止中です。