第101回薬剤師国家試験 問165

抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 エトポシドは、DNA鎖に架橋を形成し、DNA合成を阻害する。
 ビンクリスチンは、チューブリンの重合を阻害して微小管分解を引き起こし、細胞分裂を抑制する。
 シタラビンは、細胞内で三リン酸ヌクレオチドに変換され、トポイソメラーゼⅡを阻害してDNA合成を阻害する。
 ゲフィチニブは、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害する。
 イマチニブは、血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害し、血管新生を阻害する。

 

 

 

解説
1 誤
エトポシドは、トポイソメラーゼⅡを阻害することにより腫瘍細胞におけるDNA合成を抑制する。
2 正
ビンクリスチンは、微小管タンパク質であるチューブリンに結合し、その重合を阻害することにより有糸分裂を抑制する。
3 誤
シタラビンは、細胞内でシタラビン三リン酸ヌクレオチドに変換され、DNA合成時にデオキシシチジン三リン酸と競合しDNAポリメラーゼを阻害することによりDNA合成を阻害する。
4 正
ゲフィチニブは、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害し、腫瘍細胞の増殖に関与するシグナル伝達を抑制する。
5 誤
イマチニブは、BCR−ABLチロシンキナーゼ、KITチロシンキナーゼなどを選択的に阻害し腫瘍細胞の増殖に関与するシグナル伝達を抑制する。

解答
2、4

第101回 問165 PDF

第101回 問166

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問165

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問164 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA