第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問163

抗アレルギー薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. クロモグリク酸は、肥満細胞からのケミカルメディエーターの遊離を抑制し、Ⅰ型アレルギー反応を抑制する。
  2. オザグレルは、トロンボキサンA2受容体を遮断し、気管支平滑筋の収縮を抑制する。
  3. セラトロダストは、ロイコトリエン受容体を遮断し、血管透過性亢進を抑制する。
  4. ジフェンヒドラミンは、5-リポキシゲナーゼを阻害し、気管支平滑筋の収縮を抑制する。
  5. スプラタストは、インターロイキン−4やインターロイキン-5の産生を抑制し、IgEの産生を抑制する。

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
クロモグリク酸は、肥満細胞へのCa2の流入を抑制することによりケミカルメディエーター(ヒスタミンやロイコトリエンなど)の遊離を抑制し、Ⅰ型アレルギーを抑制する。

2 誤
オザグレルは、トロンボキサン(TX)合成酵素を阻害し、TXA2の産生を抑制することにより気管支平滑筋収縮や毛細血管透過性亢進を抑制する。

3 誤
セラトロダストは、TXA2受容体を遮断し、気管支平滑筋収縮や毛細血管透過性亢進を抑制する。

4 誤
ジフェンヒドラミンは、ヒスタミンH1受容体を遮断し、気管支平滑筋の収縮を抑制する。

5 正
スプラタストは、インターロイキン−4やインターロイキン-5の産生を抑制し、IgEの産生及び好酸球浸潤を抑制する。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.