第101回薬剤師国家試験 問156

神経障害性疼痛(糖尿病性神経障害に伴う痛みなど)の治療薬には、一次知覚神経に発現するイオンチャネルに作用するものがある。その作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

 電位依存性Ca2チャネルを遮断し、神経伝達物質の遊離を抑制する。
 電位依存性Kチャネルを遮断し、神経伝達物質の遊離を抑制する。
 ATP感受性Kチャネルを遮断し、神経伝達物質の遊離を抑制する。
 電位依存性Clチャネルを遮断し、神経の興奮を抑制する。
 電位依存性Naチャネルを遮断し、神経の興奮を抑制する。

 

 

 

解説
神経障害性疼痛(糖尿病性神経障害に伴う痛みなど)の治療には、プレガバリンやメキシレチンなどが用いられる。プレガバリンは、電位依存性Ca2チャネルのα2βサブユニットとの結合を介してCa2チャネルの細胞表面での発現量及びCa2流入を抑制し、神経伝達物質(グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質)の遊離を抑制する。また、メキシレチンは、知覚神経の電位依存性Naチャネルを遮断し、神経の興奮を抑制する。

解答
1、5

第101回 問156 PDF

第101回 問157

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問156

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問155 | yakugaku lab

コメントは停止中です。