第101回薬剤師国家試験 問15

貪食能を有し、単球に由来する細胞はどれか。1つ選べ。

 B細胞
 ヘルパーT細胞
 形質細胞
 マクロファージ
 肥満細胞

 

 

 

解説
1 誤
B細胞は、形質細胞に分化し、体液性免疫に関わるリンパ球である。
2 誤
ヘルパーT細胞は、免疫担当細胞の調節を行うリンパ球である。
3 誤
形質細胞は、B細胞から生成される細胞であり、抗体を産生に関与する。
4 正
血液中の単球が組織中に移行すると、マクロファージに分化する。マクロファージは、強い貪食能を有する。
5 誤
肥満細胞(マスト細胞)は、貪食能を有しない。肥満細胞(マスト細胞)は、Ⅰ型アレルギーや炎症の惹起に関与する。

解答
4

第101回 問15 PDF

第101回 問16

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問15

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問14 | yakugaku lab

コメントは停止中です。