第101回薬剤師国家試験 問133

ある乱用薬物について、呈色反応に基づく簡易検査を行ったところ、以下の構造を有する化合物が生成し、アルカリ性条件下で赤色を呈した。この乱用薬物はどれか。1つ選べ。

 アンフェタミン
 メタンフェタミン
 メトカチノン
 MDMA
 4−メトキシアンフェタミン

 

 

 

解説
生成物の構造より、本呈色反応では、アンフェタミンとp−ニトロベンゼンジアゾニウムクロライドが反応し、アルカリ性条件下で赤色を呈したと考えられる。

解答
1

第101回 問133 PDF

第101回 問134

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問133

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問132 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA