第101回薬剤師国家試験 問126

合計特殊出生率及び下図に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 合計特殊出生率は、15歳から39歳までの女性を対象として算出する。
 合計特殊出生率は、既婚女性のみを対象として算出する。
 合計特殊出生率は、総再生産率の約2倍の値となる。
 下図から、1960年には、夫婦一組あたりの平均子供数が2人であったことがわかる。
 下図から、合計特殊出生率の低下には、未婚率の上昇が影響している可能性が考えられる。


 

 

 

解説
1 誤
合計特殊出生率は、「15歳〜49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、それぞれの年齢における出生率から算出される。
2 誤
合計特殊出生率は、既婚女性のみではなく未婚女性を含めた女性を対象として算出する。
3 正
合計特殊出生率は1人の女性あたりの平均の子供の数であり、また、総再生産率は1人の女性あたりの平均の女児の数である。男児と女児はだいたい1:1で生まれるため、合計特殊出生率は、総再生産率の約2倍の値となる。
4 誤
1960年の合計特殊出生率が2.0を示していることから、1960年には、1人の女性あたりの平均子供数が2人であったことがわかる。
5 正
設問の図より、年齢別未婚率の上昇とともに合計特殊出生率が減少していることから、合計特殊出生率の低下には、未婚率の上昇が影響している可能性が考えられる。

解答
3、5

第101回 問126 PDF

第101回 問127

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問126

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問125 | yakugaku lab

コメントは停止中です。