第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問115

第101回薬剤師国家試験 問115

以下は、コレステロール量の調節に関する説明文である。これに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
ヒト体内のコレステロールは、食事によって補給されるとともに、体内でも生合成される。また、細胞内のコレステロール量は一定量に保とうとする仕組みによって厳密に調節されている。なお、3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA還元酵素(HMG-CoA reductase)はコレステロール生合成反応の律速酵素である。

 コレステロールやその生合成中間体であるメバロン酸は、HMG-CoA reductaseの活性を抑制する。
 コレステロールは、HMG-CoA reductaseの分解を抑制する。
 細胞内のコレステロール量が減少すると、HMG-CoA reductaseの転写を正に調節する転写因子が活性化される。
 細胞内のコレステロール量が減少すると、コレステロールの細胞内取込みに関わる低密度リポタンパク質(low-density lipoprotein:LDL)受容体のmRNA量が減少する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
HMG−CoA reductase(HMG−CoA還元酵素)は、コレステロール生合成反応における律速酵素であり、コレステロールやメバロン酸により抑制され、負の調節を受けている。
2 誤
コレステロールは、HMG-CoA還元酵素の分解を促進する。
3 正
細胞内のコレステロール量が減少すると、HMG-CoA還元酵素の遺伝子の転写を促進する転写因子が活性化される。
4 誤
細胞内のコレステロール量が減少すると、コレステロールの細胞内取込みに関わる低密度リポタンパク質(low-density lipoprotein:LDL)受容体のmRNA量が増大する。それにより、LDL受容体発現量が増大し、細胞内に多くのLDLが取り込まれる。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.