第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問110

第101回薬剤師国家試験 問110

生薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 トウニンは、エビスグサの種子由来の生薬で、駆瘀血薬として用いられる。
 ニンジンは、オタネニンジンの根由来の生薬で、補気薬として用いられる。
 トウキは、トウキ又はホッカイトウキの根由来の生薬で、理気薬として用いられる。
 ブクリョウは、マツホドの菌核由来の生薬で、利水薬として用いられる。
 チンピは、ウンシュウミカンの成熟した果皮由来の生薬で、補血薬として用いられる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
トウニンはモモの種子由来の生薬で、駆瘀血薬として用いられる。駆瘀血薬とは、血滞を治療する薬物のことである。
2 正
ニンジンは、オタネニンジンの根由来の生薬で、補気薬として用いられる。補気薬とは、気虚を治療する薬物のことである。
3 誤
トウキは、トウキ又はホッカイトウキの根由来の生薬で、補血薬として用いられる。補血薬とは、血虚を治療する薬物のことである。
4 正
ブクリョウは、マツホドの菌核由来の生薬で、利水薬として用いられる。利水薬とは、水滞を治療する薬物のことである。
5 誤
チンピは、ウンシュウミカンの成熟した果皮由来の生薬で、理気薬として用いられる。理気薬とは、気滞を治療する薬物のことである。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.