第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問7

第100回薬剤師国家試験 問7

非共有電子対(孤立電子対)がsp2混成軌道に収容されているのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
選択肢のうち、非共有電子対(孤立電子対)がsp2混成軌道に収容されているのはフランの酸素原子にある非共有電子対(孤立電子対)である。フランの酸素原子にある2対の非共有電子対のうち、一方がsp2混成軌道、もう一方がp軌道に収容されている。

1 誤
アセトニトリルの窒素原子にある非共有電子対は、sp混成軌道に収容されている。
2 正
3 誤
アニリンの窒素原子にある非共有電子対については以下の2パターンが考えられる。
・アニリンの窒素原子がベンゼン環と共鳴しない場合
アニリンの窒素原子にある非共有電子対は、sp3混成軌道に収容されている。
・アニリンの窒素原子がベンゼン環と共鳴している場合
アニリンの窒素原子にある非共有電子対は、p軌道に収容されている。
4 誤
ピロールの窒素原子にある非共有電子対は、p軌道に収容されている。
5 誤
トリメチルアミンの窒素原子にある非共有電子対はsp3混成軌道に収容されている。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.