第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問333

第100回薬剤師国家試験 問333

64歳女性。本日、以下に示す皮膚科の処方せんを持って保険薬局を訪れた。

服薬指導時に、抗がん剤を服用していることがわかった。その抗がん剤を服用し始めてから手のひらと足の裏が赤くなり痛みが生じるとともに、かかとがカサカサするようになったと訴えた。見せてもらうと色素沈着も認められた。皮膚科の医師からは抗がん剤の副作用を抑えるための軟膏であると言われている。この副作用を引き起こす薬物として最も想定されるのはどれか。1つ選べ。

 イマチニブ
 ソラフェニブ
 ゲフィチニブ
 ダサチニブ
 ニロチニブ

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
抗がん剤の使用により、「手のひらと足の裏が赤くなり痛みが生じた」、「かかとがカサカサする」、「色素沈着」などの症状が現れていることから、本患者には抗がん剤の副作用である手足症候群が出現している可能性がある。副作用として手足症候群を起こしやすい抗がん剤薬物には、フルオロウラシル、ドセタキセル、カペシタビン、ソラフェニブ、スニチニブなどがある。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.