第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問33

第100回薬剤師国家試験 問33

胃腸管に発現する受容体で、刺激されることで消化管運動を亢進させるのはどれか。1つ選べ。

 オピオイドµ受容体
 アセチルコリンNM受容体
 アドレナリンβ2受容体
 セロトニン5−HT4受容体
 ドパミンD2受容体

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
胃腸管に発現する受容体で、刺激されることで消化管運動を亢進させるのは、セロトニン5−HT4受容体である。セロトニン5−HT4受容体はGsタンパク質共役型受容体であり、胃腸管に発現しており、刺激されることによりアセチルコリンを遊離させる。それにより腸管平滑筋のムスカリンM3受容体が刺激され、蠕動運動が亢進する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.