第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問32

第100回薬剤師国家試験 問32

カリウム保持性利尿薬はどれか。1つ選べ。

 スピロノラクトン
2 ブメタニド
3 アセタゾラミド
 D−マンニトール
 メフルシド

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
1 正
スピロノラクトンは、カリウム保持性利尿薬であり、集合管主細胞(及び遠位尿細管)においてアルドステロンと競合的に拮抗し、Na−K交換反応を抑制することによりNaの再吸収及びKの排泄を抑制する。
2 誤
ブメタニドは、ループ利尿薬であり、ヘンレ係蹄上行脚におけるNa−K−2 Cl共輸送系を阻害し、Na、K、Clの再吸収を抑制する。
3 誤
アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素阻害薬であり、主として近位尿細管細胞内の炭酸脱水酵素を阻害し、Na−H交換系を抑制する。
4 誤
D−マンニトールは、浸透圧性利尿薬であり、尿細管内の浸透圧を上昇させることによりNaや水の再吸収を抑制する。
5 誤
メフルシドは、チアジド系類似薬であり、ヘンレ係蹄及び遠位尿細管におけるNa、Clの再吸収を抑制する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.