第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問31

第100回薬剤師国家試験 問31

心室筋の活動電位を下図の実線から破線へ変化させるのはどれか。1つ選べ。

 プロパフェノン
 メキシレチン
 プロカインアミド
 シベンゾリン
 アミオダロン

 

 

 

 

 

 


解答
2


解説
設問の図において実線から破線への変化では、活動電位の脱分極相(0相)の抑制と再分極相(3相)の促進により活動電位持続時間(APD)の短縮が認められることから、心室筋の活動電位を実線から破線へ変化させる薬物は、Vaughan Williams 分類でⅠb群に属する薬物(メキシレチン、リドカインなど)と考えられる。なお、プロパフェノンは、Vaughan Williams 分類のⅠc群、プロカインアミドやシベンゾリンは、Vaughan Williams 分類のⅠa群、アミオダロンは、Vaughan Williams 分類のⅢ群に分類される。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.