第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問302〜303

第100回薬剤師国家試験 問302〜303

地区の小学校の校長から担当の学校薬剤師に連絡があり、「適切な手洗い方法を児童に指導して欲しい」との依頼があった。

問302 (実務)
学校薬剤師は小学校を訪れて児童に手洗いの指導を行った。手洗いが不充分になりやすく、指導の優先度が高い部位は以下のどれか。2つ選べ。


 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
手洗いが不十分になりやすい部位を以下に示す。
・指先
・指の付け根の間
・親指の周り
・手首 等


問303 (実務)
手洗いが、感染防止に有効である可能性の高い感染症はどれか。2つ選べ。

 C型肝炎
 デング熱
 インフルエンザ
 日本脳炎
 O-157感染症

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
選択肢のうち、手洗いが、感染防止に有効である可能性の高い感染症は、主に接触感染を起こす「インフルエンザ」と主に経口感染する「O-157感染症」である。
なお、C型肝炎は主に血液から感染するため、手洗いにより感染を防止することはできない。また、デング熱、日本脳炎は主に蚊を媒介して感染するため、手洗いにより感染を防止することはできない。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.