第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問292〜293

第100回薬剤師国家試験 問292〜293

2歳女児。体重10 kg。1日数回の全身強直間代性けいれんを発現し、ミオクローヌスてんかんと診断され、バルプロ酸ナトリウムシロップの投与が開始された。投与開始3ヶ月頃、呼びかけに反応しないなどの意識障害が頻回に見られたため入院加療となり、バルプロ酸の血漿中トラフ濃度と血漿アンモニア窒素値が測定された。

問292 (実務)
バルプロ酸の血漿中トラフ濃度は60 µg/mLであった。測定結果の判断として、適切なのはどれか。1つ選べ。

 有効安全濃度域下限の約1/10であった。
 有効安全濃度域下限の約1/5であった。
 有効安全濃度域内にある。
 有効安全濃度域上限の約5倍であった。
 有効安全濃度域上限の約10倍であった。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
バルプロ酸の有効安全濃度域は、40〜120 µg/mLとされていることから、本患者の測定値は、有効安全濃度域内にあると判断できる。


問293 (病態・薬物治療)
この患者の血漿アンモニア窒素値は、180 µg/dL(正常値12〜66 µg/dL)であった。この原因として、最も可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

 ミオクローヌス発作にともなう筋障害
 ミオクローヌス発作にともなう低酸素血症
 ミオクローヌス発作にともなう腎血流の低下
 バルプロ酸による肝実質細胞の障害
 バルプロ酸による尿素サイクルの阻害
 バルプロ酸による腸内のウレアーゼの阻害

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
バルプロ酸やその代謝物は、尿素サイクルに関与するカルバモイルリン酸シンターゼⅠを阻害する作用を有しており、副作用として高アンモニア血症を引き起こす可能性がある。なお、バルプロ酸は、重篤な高アンモニア血症が現れることがあるため、尿素サイクル異常症の患者には投与禁忌とされている。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.