第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問270〜271

第100回薬剤師国家試験 問270〜271

腎移植を受けた患者が退院間近になり、病棟担当薬剤師が退院時服薬指導のために病室を訪問した。患者から、「移植コーディネーターから、退院後の食生活で特にセントジョーンズワートや柑橘類、生魚などの摂取は控えるように言われているのですが、どのような理由なのでしょうか」との質問があった。なお、当該患者にはシクロスポリンが処方されている。

問270 (実務)
上記の質問に対する薬剤師の回答として適切なのはどれか。2つ選べ。

 セントジョーンズワートは、免疫抑制薬の働きを弱める恐れがあるからです。
 セントジョーンズワートは、免疫抑制薬の血中濃度を高める恐れがあるからです。
 柑橘類の中には免疫抑制薬の働きを弱めてしまうものがあるからです。
 生魚の成分には免疫抑制薬の働きを強めてしまうものがあるからです。
 生魚に付着している微生物によって食中毒を起こす恐れがあるからです。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
セントジョーンズワートは、CYP3A4誘導作用を有するため、免疫抑制薬(シクロスポリン)の代謝を促進し、血中濃度を低下させ、作用を減弱する恐れがある。
2 誤
解説1参照
3 誤
柑橘類の中(グレープフルーツなど)には、小腸のCYP3A4を阻害し、免疫抑制薬(シクロスポリン)の作用を増強させるものがある。
4 誤
生魚の成分により、免疫抑制薬の働きが強くなるとの報告はされていない。
5 正
免疫抑制薬(シクロスポリン)投与中は、免疫力が低下するため、生魚に付着している微生物によって食中毒を起こす恐れがある。


問271 (薬剤)
シクロスポリンの経口投与時の体内動態および投与設計に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 シクロスポリンの投与量は、腎移植後の日数に関わらず一定に保つことが推奨される。
 シクロスポリンの投与設計は、一般にトラフ濃度に基づいて行われる。
 シクロスポリンによる腎移植後の拒絶反応のコントロールが不良の場合は、シクロスポリンとタクロリムスの併用を行う。
 血清クレアチニン値の上昇が観察された場合は、シクロスポリンによる副作用の可能性があるため、直ちに休薬する必要がある。
 自己乳化型マイクロエマルション製剤投与後のシクロスポリンの消化管吸収は、胆汁分泌量や食事の影響を受けにくい。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
シクロスポリンの腎移植時の用法・用量を以下に示す。
通常、移植1日前から1日量9〜12 mg/kgを1日2回に分けて経口投与し、以後1日2 mg/kgずつ減量する。維持量は1日量4〜6 mg/kgを標準とするが、症状により適宜増減する。
2 正
シクロスポリンはTDM対象薬剤であり、投与直前のトラフ値を参考にして投与量を調節する必要がある。
3 誤
シクロスポリンによる腎移植後の拒絶反応のコントロールが不良の場合でも、シクロスポリンとタクロリムスを併用することはない。なお、シクロスポリンとタクロリムスを併用すると、シクロスポリンの血中濃度が上昇し、腎障害等の副作用が現れやすくなるため、両剤は併用禁忌とされている。
4 誤
血清クレアチニン値が上昇した場合、以下の2つのことが考えられる。
・シクロスポリンによる副作用の可能性
対処方法:シクロスポリンの減量、休薬を行う
・シクロスポリンの効果不十分による拒絶反応が発現している可能性
対処方法:シクロスポリンの増量又は他剤への変更を行う
5 正
シクロスポリンの自己乳化型マイクロエマルション製剤は、乳化するために胆汁酸を必要としないため、その消化管吸収は、胆汁分泌量や食事の影響を受けにくい。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.