第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問220〜221

第100回薬剤師国家試験 問220〜221

55歳男性。現在、統合失調症の治療のためピモジド製剤を服用中で、コントロール良好である。健康診断(人間ドッグ)にて混合型脂質異常症及び萎縮性胃炎との診断を受けた。ピロリ菌(Helicobacter pylori)感染の疑いがあり精査したところ陽性であった。
そこで、脂質異常症の治療及びピロリ菌の除菌をすることになり、以下の処方せんを持って薬局を訪れた。

問220 (実務)
この処方せんを受け取った薬剤師が、疑義照会すべき内容はどれか。2つ選べ。

 プラバスタチンNa錠の用法
 イコサペント酸エチルカプセルの用法
 ランソプラゾールカプセルとイコサペント酸エチルカプセルの相互作用
 アモキシシリンカプセルとプラバスタチンNa錠の相互作用
 クラリスロマイシン錠とピモジド製剤の相互作用

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
本処方のうち、疑義照会すべき内容を以下に示す。
・イコサペント酸エチルカプセルは、通常、食直後に服用する。
本処方では、イコサペント酸エチルの用法が食前となっているため、食直後に変更するように疑義照会する必要がある。
・クラリスロマイシンは、CYP3A4阻害作用を有するため、ピモジド製剤の代謝を阻害し、血中濃度を上昇させる可能性がある。このことから、両薬剤は併用禁忌である。
本患者は、ピモジド製剤を服用中であるため、クラリスロマイシン錠を投与することができないことについて、疑義照会する必要がある。


問221 (物理・化学・生物)
ピロリ菌は、菌に特徴的な代謝反応を利用して胃内で生存することができる。この反応は、菌による感染の診断法として用いられている。この代謝反応はどれか。1つ選べ。

 L-グルタミンからL-グルタミン酸とアンモニアを生成する反応
 ホスホエノールピルビン酸とADPからピルビン酸とATPを生成する反応
 尿素からアンモニアと二酸化炭素を生成する反応
 L-アルギニンから尿素とL-オルニチンを生成する反応
 アセチルCoAとオキザロ酢酸から補酵素A(CoA)とクエン酸を生成する反応

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
ピロリ菌は、尿素を二酸化炭素とアンモニアに変換し、胃酸を中和することにより胃内でも生存することができる。この反応で生成する二酸化炭素を測定することにより、ピロリ菌の感染の有無を診断することができる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.