第100回薬剤師国家試験 問184

C型慢性肝炎の治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 インターフェロンα、β、γのいずれも治療に用いられる。
 ウイルスのジェノタイプにより、インターフェロン治療の有効性が異なる。
 エンテカビル水和物の併用により、インターフェロン治療の有効性が向上する。
 リバビリンは、単独治療で用いられる。
 テラプレビルは、CYP3A阻害作用を有する。

 

 

 

解説
1 誤
C型慢性肝炎の治療には、インターフェロンα、βは用いられるが、インターフェロンγは用いられない。インターフェロンγについては、腎がん、慢性肉芽腫症に伴う重症感染の頻度と重篤度の軽減に用いられる。
2 正
C型肝炎ウイルス(HCV)には、ジェノタイプ(遺伝子の型:1a、1b、2a、2b)によりインターフェロン治療の有効性が異なる。インターフェロン治療はジェノタイプ2a、2bに対しては効果が認められやすいが、ジェノタイプ1a、1bに対しては効果が認められにくい。
3 誤
エンテカビルはB型慢性肝炎の治療及びB型肝炎ウイルスの増殖抑制に用いられるが、C型肝炎の治療には用いられない。なお、C型肝炎のインターフェロン治療に併用することで、インターフェロンに治療効果を向上させるのは、リバビリンである。
4 誤
リバビリンは、C型慢性肝炎におけるウイルス血症の治療に用いられ、インターフェロン製剤と併用する。
5 正

解答
2、5

第100回 問184 PDF

第100回 問185

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問184

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問183 | yakugaku lab

コメントは停止中です。