第100回薬剤師国家試験 問181

第100回薬剤師国家試験 問181

ぜん息患者が重積発作を起こし、チアノーゼの所見を認めた。本症例のチアノーゼに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 口唇粘膜が青紫色に変化している。
 動脈血酸素分圧の低下を示している。
 貧血がある場合に発現しやすい。
 指の皮膚温の低下は見られない。
 血中メトヘモグロビン量が増加している。

 

 

 

 

 


解答
3


解説
本患者は、ぜん息重積発作により、低酸素状態となり、中枢性のチアノーゼが現れたと考えられる。
1 正しい
チアノーゼでは、動脈血酸素分圧が低下し、二酸化炭素と結合した還元ヘモグロビンが増加することにより、口唇粘膜が青紫色に変化する。
2 正しい
解説1参照
3 誤っている
貧血によりヘモグロビン量が低下している状態では、還元ヘモグロビンが増加しにくいため、チアノーゼが出現しにくい。
4 正しい
中枢性チアノーゼでは、指の皮膚温の低下は認められない。なお、末梢性チアノーゼでは、指の皮膚温の低下が認められることがある。
5 正しい
中枢性チアノーゼの原因として、血中のメトヘモグロビンの増加があげられる。

第100回薬剤師国家試験 問181” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。