第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問165

第100回薬剤師国家試験 問165

抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 パクリタキセルは、チューブリンの重合を阻害し、有糸分裂を抑制する。
 カルボプラチンは、DNA鎖に架橋を形成し、DNAの複製を阻害する。
 ブレオマイシンは、活性酸素を発生させ、DNA鎖を切断する。
 ベバシズマブは、ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)に対するモノクローナル抗体で、血管新生を阻止する。
 ボルテゾミブは、プロテアソームを活性化し、転写因子NF−κBの作用を阻害する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
パクリタキセルは、チューブリンの重合を促進し、微小管を過剰形成・安定化させることにより有糸分裂を阻害する。
2 正
カルボプラチンは、DNA鎖に架橋を形成することによりDNAの複製を阻害する。
3 正
ブレオマイシンは、酵素存在下で活性酸素(ラジカル)を発生させ、DNA鎖を切断する。
4 誤
ベバシズマブは、ヒト血管内皮細胞増殖因子(VEGF)に対するヒト化モノクローナル抗体であり、血管新生を阻止することにより腫瘍細胞の増殖を抑制する。なお、ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)に対するモノクローナル抗体製剤には、トラスツズマブがある。
5 誤
ボルテゾミブは、骨髄腫細胞等の腫瘍細胞に存在するプロテアソームを阻害し、転写因子NF−κBの作用を阻害する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.