第100回薬剤師国家試験 問161

呼吸器系に作用する薬物について、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ジヒドロコデインは、モルヒネより鎮咳作用は強いが、依存性形成作用は弱い。
 アンブロキソールは、Ⅱ型肺胞上皮細胞からの肺表面活性物質(肺サーファクタント)の分泌を促進し、去痰作用を示す。
 カルボシステインは、ムコタンパク質のジスルフィド結合を切断して、痰の粘度を低下させる。
 ノスカピンは、延髄の咳中枢を抑制して鎮咳作用を示すが、呼吸中枢抑制作用はない。
 ナロキソンは、末梢性化学受容器を刺激して呼吸興奮を引き起こす。

 

 

 

解説
1 誤
ジヒドロコデインは、モルヒネと比較すると鎮咳作用及び依存性形成作用がともに弱い。
2 正
アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、Ⅱ型肺胞上皮細胞からの肺表面活性物質(肺サーファクタント)の分泌を促進し、去痰作用を示す。
3 誤
カルボシステインは、喀痰中のシアル酸とフコースの構成比を正常化し、痰の粘性を低下させることにより去痰作用を示す。なお、ムコタンパク質中のジスルフィド結合を切断して去痰作用を示すのは、アセチルシステインである。
4 正
ノスカピンは、延髄の咳中枢を抑制することにより鎮咳作用を示すが、呼吸中枢抑制作用を有しない。
5 誤
ナロキソンは、オピオイドµ受容体を遮断することにより、モルヒネなどオピオイドµ受容体刺激薬による呼吸抑制を改善する。なお、末梢性化学受容器を刺激して呼吸興奮を引き起こす薬物には、ドキサプラムがある。

解答
2、4

第100回 問161 PDF

第100回 問162

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問161

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問160 | yakugaku lab

コメントは停止中です。