第100回薬剤師国家試験 問160

第100回薬剤師国家試験 問160

糖質コルチコイドに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 標的細胞の細胞質で、受容体と結合し、核内へ移行する。
 細胞性免疫を抑制するが、体液性免疫を抑制しない。
 タンパク異化作用により、骨粗しょう症を引き起こす。
 下垂体に作用し、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する。
 腎集合管に作用し、Na及びKの排泄を促進する。

 

 

 

 

 

 


解答
1、3


解説
1 正
糖質コルチコイドは、標的細胞の細胞質で受容体と結合し、核内へ移行することにより遺伝子の転写を調節する。
2 誤
糖質コルチコイドは、細胞性免疫及び体液性免疫を共に抑制する。
3 正
糖質コルチコイドは、タンパク異化作用により、骨基質タンパク質を減少させることがあるため、副作用として骨粗しょう症を起こすことがある。
4 誤
糖質コルチコイドは、脳下垂体に作用し、負のフィードバック作用を示すことにより副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を抑制する。
5 誤
糖質コルチコイドは、腎臓の遠位尿細管及び集合管に作用し、Naの再吸収を促進するとともに、K排泄を促進する。

第100回薬剤師国家試験 問160” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。